土浦花火ブルーグラスキャンプ

戻る




pic85.jpg
2000年10月7日は朝から快晴でした。晴男パパラッチの本領発揮というところでしょうか。
前日夜の銀座ロッキートップでのライブからそのまま徹夜状態で
私のお仲間仙人神尾(左)とエルビス高橋(右)が機材の積み込みに駆けつけてくれました感謝。




pic86.jpg
私、神妙な顔してますが、ステージ開始前の最初の音だしチェック中です。ベースチェックは横向いてますがホワイトの丸山さんです。







pic88.jpg
ステージ正面奥にはこんな木陰があって、水戸のホワイトのお仲間たちがくつろいでいます。栗の木なので当然栗の実も落ちてました。







pic90.jpg
斉藤さんが自宅から持ってきたハンマーダルシマを披露。
このあと次週に予定しているエディー&ロバート・ヒーバートさんたちのハンマーダルシマコンサートに向けて猛特訓しているとか。
でもまあ、この楽しそうな笑顔ときたら・・




pic91.jpg
練習中だからと、遠慮してるところを無理やりステージにひっぱり上げてしまいましたが、結果はやはり練習中のレベルでした(失礼スンマセン斉藤さん!)




pic92.jpg
今回のPAはホワイトに全面協力していただきました。みなさんにはセッティングほかいろいろお世話になりました。これまた感謝です。
ということでホワイトマウンテンボーズのステージです。




pic93.jpg
私のほうで大型ビニールシートを用意しました、お仲間連中は十分くつろいでいるようです。
後ろのほうには一般の人達もくつろいでいますが、なだらかな芝生丘陵の中にこの会場がある様子がわかると思います。




jximg-12.jpg
ちょっとおもしろい光景だったのでパチリ。人間様は全員ステージの方を注目してますが、「ニタ」と「トロ」のお二人(2匹)は別のほうを注目してます。
なにか彼女達のオモチャになりそうなものが目線の先にあるのでしょうか。




pic94.jpg
去年もそうでしたが、かならず爆睡している人がいるというのがこのイベントの特色でしょうか。
今年は仙人神尾がごらんの状態でした。
徹夜開けで、たっぷり食べて、陽気もよけりゃあ、こうなるのも仕方ないですかね。




pic95.jpg
爆睡仙人神尾を横目におもしろギターで遊んでいる酒井潤一氏とWebMaster・Jimmie水吉クンです。
二人ともここ土浦の花火大会をとても気に入ってくれています。




pic96.jpg
北大ブル研のOB達が土浦で合流です。
大学新人時代の最初の課題曲、I'll stay aroundを昔をなつかしみながら演奏してくれました。
左からWally森下、宮本、橋本の各氏です。




pic97.jpg
今年の箱根コンベンションの優勝作、スーパーマリオのテーマを前説付きで演奏してくれました。腕のポジションが説明調でしょ。
本人は一発芸だと謙遜してますが、いやぁなかなかのもので何度聞いてもおもしろいですよ。




pic98.jpg
おなじみ「てつかぶと」も参加してくれました。飛び入りで地元土浦のマウスハープ奏者、小菅氏も参加しました。




pic99.jpg
チーフ井上の出番の時に法政の大先輩本間さんと私が合流。なにを隠そうチーフと我々は同じ大学の先輩後輩なのです。
White House Bluesをチーフと本間さんの熱唱で演奏しました。




pic100.jpg
チーフ井上といえば、一昨年の箱根コンベンションの「どこへ行くブルーグラス」です。
当然ながら今回も披露してくれました。




jximg-13.jpg
我がOne&Onlyは酒井潤一氏とWally森下氏のヘルプで演奏しました。




pic101.jpg
地元土浦の菊地さん達のグループです。とても楽しそうに演奏してくれました。




pic102.jpg
最後は本間さん、酒井さん達とジャムで締めくくり。あたりは暗くなってきてそろそろ花火競技会の始まりという頃です。
なにしろ本格的にステージを設けてやるのが初めてのイベントでお仲間の協力を仰いでばかりしたが、
みなさんその後の花火も楽しんでいただけたようでしたので来年はもっと充実した内容て開催したいと思います。どうぞみなさんお越し下さい。



戻る



このホームページは がお届けしました。